Welcome to my blog

バラが咲いた日は♪

バラを育てて咲いたときの喜びや色や花びらや香りで癒されて言うことなしのバラの生活を楽しんでいけたらいいな 日々の花の写真を撮って記録に残したい。。。 お好きなお花に止まってください(*^_^*)

 またすみません(*´▽`*)

1404141813.jpg


春本番になってきましたね
庭も緑が一日一日濃くなってきました

マリア様きれいに咲いてくれました











1404141814.jpg

根詰まりをおこして今年はこの2つだけしか咲いてくれませんでした
来年はもっとたくさん咲いてくれますように~











1404141809.jpg

ティアレアのスプリングシンフォニーです
なんともかわいいですよ~♪



すみません
ここから少し猫の話を聞いてほしいので
ちょっとお花とかけ離れますのでさみしい話になりますので
苦手な方はスルーしてください
どうもすみません



1404101808.jpg

エンちゃんという猫の話です
物干しにご飯を食べに来る猫がいました
長生きしてくれました
ほんとによくがっばって生き抜いてくれたと。。。

素通りでなにも書かずにこのままいこうかなと思いましたが
やっぱり素通りできなくて
少しエンちゃんのこと読んでもらえたら私も少し楽になれるかなと


エンちゃんは昨年亡くなったコテチューや
今も元気でいるミミタンやヤンチャコリンやチビちゃんのお母さん猫でね
うさちゃんとは姉妹で生まれた年はちがうけど
うさちゃんとは一つ上のお姉さん猫でした

三毛猫のエンちゃん
18歳でとうとう天寿を全うしました
ずーとずーと一人で生きてね
私に懐いてくれたら家の中にも入れられたのに
どうしても野良がきつくてどうしても家にいれてあげられることができなかった

人間でいえば高校3年生で18歳ぐらいです
人間の年でいえば80歳はとうにこえてますね

ご飯をもらいに物干しにやってくるのだけど
(庭では事情がありここ8年ほどは物干しでしかやれなかった)
ずーとここ何年かは物干しであげてて
一年中気にして忘れたことはなくて
私の自分のごはんよりもエンちゃんのごはんが一番で
缶詰も一日3缶から4缶はあげてました
歯がここ数年でなくなってしまったので缶詰がよかったようです
でもカリカリも食べてましたよ
死んでから後悔しないようにと
暖かいところで寝させてあげれてないと負い目があったので

この冬はなんとか乗り切ったのに
先日からの戻り寒波でだんだん体力がよわり
ごはんもあまり食べられなくなり
お水だけしか飲まなくなり
ここまで通うのはしんどいかなとおもってダンボールの箱を置いたら
3日ほどはずーと入りっぱなしなって
ここで死んでくれるのかなと思ってたら
数日前にふらふらの体で最後の力を振り絞って
屋根伝いに出ていきました
その日は近所の飼い犬がほえまくり
私は見えないけど犬が吠えるほうばかりみて
どうすることもできなくてエンちゃんのこと案じてました

触れない猫はどうすることもできなかった
でも出ていく数日前からは鳴いて鳴いてね
それもううううーとうなってね
しんどかったのでしょうね
私のまくらもとの横が物干しだからエンちゃんとは数日は一緒に寝たようでした
エンちゃんが夜中も鳴くと私も声掛けしてね
そしたら落ち着いてね
少しの間でしたがエンちゃんといることができました
まさかあの体で出ていくとは思いませんでしたが
一度は犬があまりにもほえるので戻ってきたのですが
やはり夜に出ていったようでそのままその日から
もどってこなくなり
猫は死ぬときに姿をかくすときいてましたが
ほんとだったと今思っています

いつも一人でがんばってたエンちゃん
虹の橋をわたっていきました
エンちゃんはどうして死んでいくのか
この数年いつも考えていましたが
このような形になってしまいました

箱にいれてお葬式をあげてあげたかったけど
やっぱりそれはかなわなかった
最後の最後までちゃんと一人でどこかにいってしまった
今はさみしい気持ちがいっぱいで胸にぽっかり穴があいたようです
エンちゃんのことは生きてるときは不憫で不憫で泣いてみてました
それでも自然がいっぱいで住みごこちのよい土地だったんだと
おもいました
だから野良ネコでも長生きできたんですね

今はさみしい気持ちがあるのと
やっと楽になれたねとほっとする気持ちと一緒になってます
日にちでだんだん私もわすれてくると思いますが
こんなエンちゃんがいたこと日記に書かなくてはとおもい
暗い話になりましたが書いてしまいました

みなさん最後まで読んでくださったみなさん
どうもすみませんでした
最後まで読んでくださってありがとうございました

私はまた庭を虹のような庭になるようにとお花育てていこうと
おもいました
どうも本当にこんな話してすみませんでした
どうもありがとうございました
私は元気です
なので安心してください




18 Comments

かな。  

エンちゃん、そうでしたか・・・
18歳、お外で生きてる子では長寿ですもの。よく頑張りました。
キャッツのグリザベラみたいだとATUさん心配してましたもんね。
ATUさんがご飯をあげて気にかけてたから、病気にもならずに長生きできたと思いますよ。

私ね、お外で生きる猫だからすべての子が100%不幸だとは思わないの。
家の中にいる子が100%が幸せかというと違うと思うし
(家の中ではあれしちゃダメ、これはダメって自由勝手には出来ないしね。)
そりゃ、冬は寒いし雨風辛いしお腹も空くし危険もいっぱいの外生活。
生きるのが必死で大変な子がいっぱいだけど、
運がいい子は気遣って優しくしてくれる人に出会えて、
でも人に束縛されないで生きいける子も大勢いると思うの。
猫にとっては一番幸せなんじゃないかと。。。。

猫にも性格があるから人なつっこい子もいれば
単独行動する猫もいる。エンちゃんはそういタイプだったのかな。
コテチューもエンちゃんの性格を引き継いでたのかもしれないね。
でも、ちょっとくらいは触らせてくれてもよかったのにね~。
触れられないと不調そうな時には困ってしまいますもの。

死期が近づくと・・・昔からそう言いますね。
どこに行ってしまうのか不思議です。
どこかの物陰でじっとしているのでしょうが、見つからないんですよね。
まるで煙になって虹の橋に向かって登ってしまうかのようです。

エンちゃんがいなくなって寂しくなりますが
天寿をまっとうさせてげる。という大役を果たしたんですもの。
ATUさん、長い間エンちゃんを見守るお役目をご苦労様でした。
きっと、エンちゃんも「長い猫生だったな。ご飯美味しかったよ。」とホっとしてると思いますよ。
エンちゃんがお花の中で眠れるようにお庭にお花を咲かせてくださいね。

2014/04/16 (Wed) 13:00 | EDIT | REPLY |   

美紗しゃん  

さよならエンちゃん

昨夜、寝る前に拝見して、エーー、
ニャンズに何かあった?

今朝、スマホを立ち上げてみたら何もしなくても
スマホではContinueまで表示されてエンちゃんの事を知り驚きました。

パソコンではContinueをクリックしないと表示されない・・
Continue、“つづき”まである事を知らなかった美紗しゃん、

エンちゃん、ゴメン、とっくに虹の橋を渡って行ってると思っていました。
ATUちゃんほんとうにお疲れさま。m(__)m

欲を言うなら抱っこしてサヨナラをしながら逝かせてあげたかったですね。
我が家の昔居た猫の最後
私が仕事から戻って声掛けをしたらそのまま目を閉じました。
悲しかったけれど諦めもつきましたし・・・
18年・・・本当に本当におつかれさまでした。

エンちゃんはきっと虹の向こうでありがとうと言っていますよ。
ATUちゃん気持ちがあってもなかなか出来ないことですよ。

野良猫、見るからに野良ちゃんと思う猫が数匹庭を通ります。
昨日は最近見ないなぁ~と思っていたその中の一匹、老描が姿を見せました。

少しの物音で逃げてしまう、野良ちゃんの習性なのね、
無事、寒さを乗り切ったのね
私は不憫と思っても何もしてあげられないです。
頭が下がりますよ、ありがとうね~~






2014/04/16 (Wed) 15:33 | EDIT | REPLY |   

ATUATU  

かな。さん~ごめんなさいね~びっくりさせてしまいました
みなさんもほんとにすみません~<m(__)m>

でも書かずにいられなくて
かな。さん名前いいまちがってましたね
グリザベラでしたね
私昔に観に行ったことがあります(大阪まで)
そのときからえんちやんはどうして死ぬのだろうと思っていました
最後はそのときはどうなるのかなって

風邪もひいたときもあるとおもうのですが自力で治して過ごしたようです
避妊手術は捕獲機に捕獲して連れていきました
抜糸には連れていけないので溶ける糸でお願いしたこと思い出します
麻酔が効かずに(あばれまくり)ガス麻酔を使ったとあとで報告を受け
手術代が高くついたこととか思い出してました
それ以降ほんとに元気にすごしていました

かな。さんにおうち猫だから幸せとはかぎらないよと言ってもえて
私も気持ちが楽になりました<m(__)m>
お外だから100%不幸なことないですね
お家だから100%幸せこともないですね
かな。さんありがとうね<m(__)m>
また一つ気持ちが楽になりました
一人で抱えて考えてたらものすごくしんどかってね
ここにかかせてもらってこうして話聞いてもらえてよかったです

えんちゃんはひもじいおもいをすることなくてこれでよかったのですよね
自分にもいい聞かせてました
そうそうちょっとぐらい触らせてくれたらよかったのにね

えんちゃんのお母さん猫は真っ白の猫でね
その子はほんとの野良だったんですね
その親の行動を見て育ったからそのまま人間になつかなかったのです
でも餌だけはおねだりするのです
それも親のするとおりにしていたのです
18年って長いようであっという間でもありました

最後はほんとにかわいそうでかわいそうな姿になって
そうですね
最後の場所を探してきっとそのときがくるまでじっとしていたのでしょうね
そんな遠くにはいけてないはずなので近くにいてくれてるとおもって
私も元気出していきますね

グリザベラみたいに天国に虹の橋を渡って登っていったと思います
メモリーを聴くたびにまた涙が出てきますね
すぐに涙の出る曲はメモリーなので。。。

ほんとにさみしくなりました
2階に何度も何度もあがり餌を出してましたので
それがなくなってしまったものね
庭で植え替えしててもお昼でも夕方でもニャーとかウウウーとか
餌を要求してましたから
そのたんびドロドロの野良着から着かえて2階に上がってました
私植え替えとかしてたらドロドロになるタイプなので(*´▽`*)

かな。さんほんとにかな。さんにも何年にもわたりエンちゃんの話とか
聞いてくれててありがとうございました
エンちゃんご飯喜んでくれてたかな
そうですよね
寿命がくるまでがんばったんですよね
かな。さん励ましてくれてありがとうございました
私少しずつ元気になっていきます<m(__)m>

うんうんお庭ねありがとうありがとう
お花でまたいっぱいにしてあげます
そして物干しですが物干しをお花またいっぱい置いて咲かせようとおもっています
これからたくさんのお花が咲いてにぎやかになるときに
こんなお話をしてほんとにすみませんでした
かな。さんありがとうございました
うれしかったです
元気出ました<m(__)m>

2014/04/16 (Wed) 17:29 | EDIT | REPLY |   

ATUATU  

美紗しゃんも心配してメールくれたり電話くれたり
ほんとにありがとうございました<m(__)m>

最初のころえんちゃんの話してましたがここ数年あまりしてなかったものね
お外猫で18年なんて聞いたことがないもの
私もこれ違う猫が餌食べに来てるのかなとかおもったことありましたが
でもやっぱりえんちゃんでしたよ

続きの入り口が右側だったんですね
私もあとで気がつきました
美紗しゃんもいろいろ心配してくれて本当にありがとうございました
よくをいうのならば抱っこして最後を看取りたかったです
みんなと一緒のお墓に入れてあげたかったです
だからよけいにさみしいのだとおもいました

美紗しゃんの昔にいた猫は美紗しゃんが家に帰ってくるの待っててくれたんですね
仕事中も心配で仕方なかったでしょうね

日にちはかかるとおもいますが私も元気だして
いきますね
えんちゃんを見習わないといけませんね
あれだけえんちゃんはすごかったのですからね
私もがんばりますね(*´▽`*)

あ~~美紗しゃんも野良ちゃんが近くにいるのですね
見て見ぬふりもつらいですよ
それは仕方ないです
私の場合はこれしか仕方がなかったんですから~~
自分を責めないでくださいね
これはほんとに仕方のないことですよ~

美紗ちゃんにも励ましてもらって元気出てきました
美紗ちゃん話聞いてくれてありがとうございました
うれしかったです
えんちゃん安らかに虹の橋を渡っていってくれました
美紗ちゃんありがとうございました<m(__)m>
今度はお花の話しますのでまたよろしくお願いします(*´▽`*)

2014/04/16 (Wed) 17:45 | EDIT | REPLY |   

かな。  

ATUさん再び

エンちゃんは決して不幸ではなかったと思います。
野良母さんの子として生まれて、ミミちゃん達子供を生んで
そりゃ、猫嫌いな家の人に追っ払われたり、犬に吠えられたり、他の猫とも喧嘩もしただろうし、
大変な思いも沢山してきただろうけど。
生きていくのに一番大切なお腹を満たすことはATUさんが見守ってくれた。
本当は甘えたかったのかもしれないけど、野良のプライド野良母さんのDNAが邪魔してたかもネ。

麻酔が効かなかったというのは強い子だったんだね。
ず~っと昔の話しだけど、家に来てた猫が頬っぺたに怪我して膿んでしまって
500円玉くらいの穴が開いてしまったの。
慣れてないから病院にも連れていけないし、先生に相談して飲み薬と塗り薬をもらってね。
薬を混ぜたご飯食べてる隙に薬をなんとか塗ってたら、ハゲは残ったけど治ったの。
その時先生が「さすが外の子は強い。」って感心してた。
エンちゃんも強い子だったから18歳という年まで生きてこられた。
(家猫だって15歳でご長寿と言われるもの)
その子も気が付くと来なくなって探してみたけど、見つからなかった。
少しだけ撫でさせてくれたけど、気を許すと噛みつこうとする子だったわ。
最後は人の側にはいない。人に媚びない野良のプライドだね。きっと
エンちゃんもきっとそうだ。プライドのある猫だったんだよ。

お家猫で甘えて一生を過ごせるか?外の厳しい世界で生きるか?
猫自身が選ぶことはなかなか出来ないし、
(飼い主を選べなくて不幸な思いをする猫も沢山いるね。)
どっちが幸せかはその猫が判断するしかないけど。
エンちゃんはATUさんや他所の家の子になれる方法だってあったのを
エンちゃんは自分で生きていく外の世界を選んだんだと思うわ。
(ショッコなんて野良だったのにどこから入ってくるのか?
勝手に家の中にいて勝手に住んじゃったんだから。)
ATUさんがお庭仕事しててもエンちゃんが呼んだら急いで来てくれる。
そんな幸せな猫はなかなかいなかったと思いますよ。
最後は外の世界で生きた猫として、虹の橋を渡ったのかもしれないね。

2014/04/16 (Wed) 19:58 | EDIT | REPLY |   

RIEN  

こんばんは。
エンちゃん、たくさんの縁を
はこんできてくれたのですね。
18歳、すごいです。
野良さんの平均は四五年といいますから。

ATUさんのお世話、お花いっぱいのお庭で
楽しく幸せに暮らしたことでしょう。

ATUさん、猫大好きなんですね。
猫たちもATUさんが好きで頼ってるんでしょうね。

ほかのにゃんずのためにも、
あんまり、おちこまないでね。

2014/04/16 (Wed) 23:36 | EDIT | REPLY |   

かりん  

そうだったんですか。
忘れるので前にも猫ちゃんたちの名前などをメモってあったのですが、
家族系図が詳しく説明くださったので、この流れに
ペットを飼った経験がないのですが、情も生まれるものですね。
皆家族なんですね、悲しさも家族同様ですね。
エンちゃんは素晴らしい最後を
教えてくれましたね。

2014/04/17 (Thu) 11:57 | EDIT | REPLY |   

フィッツ  

ATUATUさん、こんにちは(^o^)


今日は今年一番の暖かさのようですね。
わたしも水やりで汗をかいて着替えたくらいです^_^;。
前回に続いて昨日も別の検査があって、
昨日の検査は問題なしでホッとしてPC開けていました。

ATUATUさん、悲しい出来事があったようですが、
体調崩されてないですか??
悲しいけれど、あたたかいお話に胸がつまります。
心配なことを抱えながら、過ごされていたのですね。
本当にお疲れ様でした。

うちにも以前ネコがいました。
ATUATUさんと同じように外ネコと家ネコです。
エンちゃんと外ネコのbeeの話がとても似ていて
驚きました。
話すと長くなるので話しませんが、
エンちゃんはとても幸せな生涯だったと思います。
ATUATUさんの愛情もしっかり伝わっていたから、
最後の数日をATUATUさんのそばで寝たのだとおもいます。
エンちゃんからATUATUさんへの愛情と感謝だったのでは
ないかと思います。

うちのbeeもフラフラになって最後の力を振り絞って
帰ってきて、
いつものように自分のハウスで休んで
翌朝、いつものように私と顔を合わせてから一声鳴いて
姿を消しました。
わたしはそれが最期だとわかりましたが、
追いかけることができませんでした。
わたしがbeeだったら、そうしたいと思って・・・。
無理やり捕まえて、病院へ連れて行くことも考えましたが、
わたしがbeeなら、誰の目にも触れないところへいきたいと
思って・・・。


ATUATUさんも“あのようにすればよかったかな”、
“これでよかったのだろうか”と、
悩まれたり、後悔されたりして
気分が落ち込むかもしれませんが、
エンちゃんにしっかり寄り添えていられたと
思います。

今は、ただただ悲しいし、寂しいことと思います。
少しずつ落ち着きを取り戻して、
元気をだしていってくださいね。




2014/04/17 (Thu) 14:12 | EDIT | REPLY |   

ATUATU  

かな。さん、こんにちは。

かな。さんありがとうございます
昨日より元気になってます
朝より今は夕方ですが元気になってきてます
こうして一日一日元気になっていくのだと思いました
それでもすぐに思い出して洗濯物を干すときにいつもいるところに居ないのが
なんとも言えないぐらいさみしいものです

回りはお花で埋め尽くされてきたのにこんな話で
ほんとに申し訳なかったです
どんどん元気になってきてるので安心してくださいね<m(__)m>
それでもまだべそかいてるときもあるかもとおもいますが

かな。さんやお友達のみなさんに励ましてもらって
不思議なぐらい元気がでてきてます
かな。さんみなさんありがとうございます<m(__)m>

かな。さんも猫との縁は遠い昔からあったんですね
頬に怪我した子の看病までしていたなんて
なかなかできないことですよ
頬の傷が治ってよかったね
やっぱり外猫は強いのですね
エンちゃんもほんとに強かったのだと思います

そうエンちゃんは1メートルが短い距離でした
でも最後の四日五日ごろからは逃げることもあまりしなくて
私のそばにいてくれたようです
エンちゃん他に餌をもらうところなかったのかな
なかったんだ~と思いました

ここまで長生きするとはおもいませんでしたが
居なくなってエンちゃんの存在は大きかったと思いました
餌を食べにくるだけだったけど私の生きがいでもなってたんですね
今はほんとにぽっかりとした気持ちです
かな。さんに私のしたことほめてもらえて涙がでてきてます
最初のころあまり涙が出なかったので
やっと昨日の朝あたりから涙がでてきてます
かな。さんにもお友達のみなさんにもお話してもらって
これでよかったんだと思って元気出していきますね

かな。さんにはほんとに親身なっていつも猫のこと
話聞いてもらってありがとうございました
かな。さんにエンちゃんは一人でも幸せだったね
そう言ってもらえてこころ落ち着きました
そして思って私また庭でお花咲かせていきます
かな。さんほんとにありがとうございました

ショッコちゃんはほんとに人間の子供のようにと
私は思っていました
愛嬌があって空気が読めて
かな。さんのしたいことを黙っていうこと聞いてくれて
可愛い可愛い子供だったと思っています
最後のお別れはかな。さんにとっても私たちにとってもすごく
つらく悲しい出来事でしたが
最後の最後までショッコちゃんも幸せいっぱいで過ごしたと思っていますよ
かな。さんもよくほんとによく立ち直ってくれたもの
だからかな。さんはみんなの気持ちがよくわかってくれるのですよね
そう思っています<m(__)m>
これから私たちにできることをやって過ごしていきましようね
私もまた今いる子と一日でも長く生活できたらと思っていますのでね
かな。さんまたこれからもよろしくお願いします<m(__)m>
みんな誰かが落ち込んだら励ましてあげましょう
ほんとに励ましてもらったらこんなに元気回復してくるのだなぁ~って
つくづくおもいました
胸の中に押し込まずに話書いて聞いてもらってよかったです
かな。さんありがとうございました

庭のもっこうバラが咲きだしました
ガボタも咲いたよ~~~
元気出して更新するのでまた見てくださいね~~(#^^#)



2014/04/17 (Thu) 16:49 | EDIT | REPLY |   

ATUATU  

RIENさんこんにちは。

RIENさんも来てくれてりがとうございます<m(__)m>
お別れはほんとにつらいしさみしいものですね
なんともいえない気持ちでいましたが
こうして日記にかいてRIENさんやお友達のみなさんに
コメントやメールをもらったりして
だんだん元気が出てきたと思い始めました
胸の中に押し込めずにお友達のみなさんに話聞いてもらえて
よかったです
聞いてもらえて私元気回復してきてます
それでもさみしいのですがみなさんもRIENさんも悲しいこと
いろいろあったようですし
私もがんばろうと思っています

そうなんです
エンちゃんがいろいろ子供たちを産んでね
だから私も今は家の中で楽しく暮らせているのだなぁ~って
思っていました
何度もエンちゃんにありがとうありがとうねと言って話してたから

こんなに長生きするとは思いませんでした
長生きするのもケアができてたらよかったのですが
触れない猫だったのでケアとかできなかったのが悔やまれました
でもエンちゃんはひもじいおもいをしなくてすんだのだから
幸せに過ごしてくれたのかなとおもうように生きていこう思いました

RIENさんも励ましてくれてありがとうございます
RIENさんも大変なときだとおもうのに貴重な時間をありがとうございました
RIENさんうれしかったです~ほんとありがとうございます<m(__)m>

そうですよね
おちこまずにつらいときはまた話聞いてもらって
今居る子たちと一日でも長く暮らしていこうと思いましたよ
RIENさんにもわからなことがあったら聞くかもしれないので
そのときはまた教えてくださいね

もっこうバラが咲きだしました
バラの蕾も膨らんできました
こんなときに悲しい話書いてしまって
ごめんなさいね
でもうれしかったです
RIENさんこれからもどうぞよろしくお願いします
ありがとうございました^^

2014/04/17 (Thu) 17:08 | EDIT | REPLY |   

ATUATU  

かりんさん、こんばんは。

かりんさんもありがとうごじます
こんな春の日に悲しい報告をしなくちゃならなかったの
ごめんなさいね<m(__)m>
最初は何も言わずに素通りしようとおもったけど
心の中はこのまま素通りしてすごしていくわけにはいかなかったんです
かりんさんにも話聞いてもらってほんとにありがとうございます

猫との縁があったんですね
私あのときいくつだっただろう~
エンちゃんが生まれたとときまだ若かったんですよ
夢もいっぱいあって^^
家の中で一人だったんですね~(*´▽`*)
まだパソコンのパの字もないころだったかな
まだパソもしてなかったし
でも~~~ハーブのことハーブとかキウィを育てていましたね~
カモミールやラベンダーやレモングラスやバラは一つもなかったですが
ハーブだらけの庭でした^^
そんな中で白い猫が一匹やってきたんです
そしてしばらくして黄色の茶のトラネコと三毛猫を産んだんです
その三毛猫がエンちゃんでした~
今までほんとに長生きでした
かりんさんにもこうしてお話できてうれしいです
そうそうもう家族なんですよね
かりんさんやみなさんとお話できてよかったです
話してなかったらもっとしんどくなってたと思います
それでもしんどかったですが。。。

エンちゃんの最後ですが野生の本能だったんでしょうね
出ていくのがわかりました
つらかったです
いつかはわかれが来るとおもってましたが
あの日だったんですね

今はきっと虹の橋を渡っていったとおもうのです
安らかに眠ってほしいとおもっています
かりさんさん話聞いてくれてありがとうございました
あのね夕方お花の写真撮りましたが
やっぱりお花の力はありましたね~
またお花の力を借りてお写真撮って更新していくので
これからもよろしくお願いします<m(__)m>

2014/04/17 (Thu) 21:16 | EDIT | REPLY |   

ATUATU  

フィッツさんもありがとうございます<m(__)m>

フィッツさんも猫を飼ってたと言ってられましたが
家ネコと外ネコがいたんですね
読めば涙が出てきました

beeちゃんという猫
フィッツさんに可愛がられていたのですね
お家に入ることができなかったんですね
うちのエンちゃんは自分の子供猫が生まれるまでは
少しは暖かいところで寝てる時もあったんですよ
でも子供を産んでしまうと子供にこの場所を提供しなくちゃいけなかったのかも
そんな気がしてなりません
ご飯だけ食べにくる毎日でした

フィッツさんのbeeちゃんとの最後の別れ
たまらなかったですね
私のエンちゃんとそっくり
こんなさみしい悲しいおもいをするのは私だけかと思ってましたよ
目のまえから決死のおもいで出ていく姿を見てしまうのですから
あれはたまりませんでした
ガッとなりながらも一度も姿勢を正してでていきました
そしてすぐによその犬にほえられて
その声を聞くのもたまりませんでした
私もその日は最後だと思いましたよ
お昼まで穏やかで暖かい春の日だったんです
夕方から急に風向きが変わり
風がきつくなりそのとき
これはエンちゃん出ていくと思ってすぐに2階にかけあがりました

やっぱり案の定
もう箱から出て姿勢を正してるところでした
もう声もかけられなかったです
もうそのまま見送りました
つらかったです
フィッツさんも同じおもいをしてたなんて
なんて悲しいことだったでしょうね

それから涙が出なかったです
箱に入ってる時のほうが私は泣いてましたね
あ~エンちゃん虹の橋をわたっていったね
コテチューとはお外が長かったので親子でも知り合いだったから
お空で仲良くしてるかな
とかだんだんおもうようになりました

体の調子も悪かったです
ご飯食べてもしんどかったですね(*´▽`*)
今は少しずつ回復してます
フィッツさん心配してくれてありがとうございました

春の穏やかな日にこんな話をしてしまって
本当にごめんなさいね<m(__)m>
フィッツさん検査があったんですね
異常がなくてよかったです
検査って疲れますね
私も先日少し前ですが検査してきましたよ
異常はなくてほっとしましたが

フィッツさんくれぐれも無理のないようにね
ほんとに異常がなくてよかったです
食べるものちゃんと守ってるのだもの^^
元気になってよかったです
フィッツさんと猫の話までできるとは思いませんでした
こんなにつらいことがあるのですね
また泣きべそかくかもしれませんが
そのときはまた励ましてください(*´▽`*)
私こうしてお友達に話聞いてもらえてうれしかったです
しんどいのが楽になりました
お友達の皆さんが今度はしんどくなられたのではないかと
心配してますが
私はだんだん元気になってきてますので
安心してください

フィッツさんみなさん心配かけてすみませんでした
暖かいお言葉励まし本当にありがとうございました
これからお庭にいっぱいお花咲かせますので
また日記のお付き合いこれからもどうぞよろしくお願いします

フィッツさんありがとうございました~~~(^^)/

2014/04/17 (Thu) 21:51 | EDIT | REPLY |   

葉月  

ATUATUさん、エンちゃんがお空にかえったのですね。
お見送り、しんどかったですね、でも、
ATUATUさんに大事にされたから、18歳までなれたのだと。
幸せなネコさんだったのではないでしょうか・・・
ゆっくりゆっくり、元気出してくださいね。

2014/04/18 (Fri) 15:21 | EDIT | REPLY |   

ATUATU  

葉月さんも来てくれてありがとうございます<m(__)m>

葉月さんも悲しいワンちゃんとの別れがありましたものね
もう元気回復になりましたか
私は元気になったと思ってたんですが
きょうはストレスで体がしんどくなってました
またお医者さんに行ってしまいました
ストレスだって言われました(*´▽`*)
これはゆっくりいくしかないなぁ~と思ってたところです
葉月さんにも励ましてもらえてうれしいです
どうもありがとうございました
そうですよね
エンちゃんひもじいおもいをすることなく
それが一番ですよね
エンちゃん幸せだったんだな~っておもうようになりました

うんうん
ゆっくりゆっくり元気だしていこうと思いました
葉月さん励ましてくれてありがとうございました
ほんとにゆっくりゆっくりしてすごしていきます~(*´▽`*)

2014/04/18 (Fri) 19:06 | EDIT | REPLY |   

スナッフィー  

ATUATUさん(/_;)。エンちゃんのこと、辛かったのに書いてくださり
ATUATUさん辛かったことと思います。かわいがっていたエンちゃん。
野良ちゃんは、なかなか触らせてくれないけれどATUATUさんのこと、
信頼していたと思います。最後を見守ることができなかったこと、
ものすごく辛かったですね。

最後エンちゃんがお星さまになった場所、わかったらエンちゃんを連れて
かえってあげられたのに。どこかわかんないの、ATUATUさんとっても
気がかりですよね。

どなたか優しい方が、エンちゃんを埋葬してくださるといいのですが。
エンちゃんのこと忘れないでくださいね。ATUATUさんは絶対忘れない
優しい方ですもの。大丈夫ですね。

エンちゃんやかわいがっていたにゃんこのこと、思い出すと泣いちゃう
ことあっても私はいいと思います。私も以前一緒にいた子たちのことを
思い出すと今も涙でちゃいますもの。

だから焦らないでゆっくりと我慢しないで、泣きたいときは泣いてくだ
さいね。無理なさらないでくださいね。

2014/04/18 (Fri) 20:56 | EDIT | REPLY |   

ATUATU  

スナッフィーさんも来てくれてありがとうございます<m(__)m>
スナッフィーさんこんな春の良い日にほんとにごめんなさいね

最初のころよりきょうはなぜかしんどくて
ストレスから来る不調でなんだか。。。でした

日に日にころころ体も気持ちもかわる
エンちゃんの存在が大きかったことに気づかされてます
今まさに力を振り絞って出ていくところを見たので
よけいに胸が痛みました
私の手の届くところで死んでくれたらよかったのに
最後ぐらい撫でさせてくれたらよかったのにとおもいましたよ~(*´▽`*)

エンちゃん一度は探そうと近場を歩いてみたのですが
探すことはできなくて
お隣さんにはそれとなく伝えたのですが
気配はないようでもっと遠くにいったのかなと
なのでそうですね
スナッフィーさんありがとうございます
心配かけてほんとにごめんなさいね(^-^;
それがコテチューのときは涙涙の毎日だったのに
エンちゃんのことあまり涙はでないのです
ストレスがかかってるようです
から元気ですね(^_^;)
よくわかりました
それでもお花のことでも考えなければもっとストレスかかりそうです
スナッフィーさんもやっぱり悲しい出来事があったんですね
スナッフィーさんもよく立ち直られました<m(__)m>

やっぱり無理はできないなとおもいましたよ~
スナッフィーさんありがとうございました
お仕事で時間も足りないぐらいなのに
来てくれてほんとにありがとうございました(*´▽`*)
元気だしていきますね~

スナッフィーさんも無理のないように
お仕事がんばってくださいね~<m(__)m>
応援いつもしてます~~♪^^

2014/04/18 (Fri) 22:41 | EDIT | REPLY |   

Napoli  

ATUさん、悲しいことがあったのですね。
エンちゃんのお話聞かせて頂いて私も涙が出ました。

エンちゃん、きっと最後にATUさんのところに会いに来て
残された時間をATUさんと過ごしに来てくれたんですね。
ATUさんの気持ちがちゃんと伝わってたんだと思います。

ネコって自分が最後を迎える場所を探すんですよね。
私もね、小学生の頃に実家で生まれたネコがいて、
なんと22年だったんですよ。
もう爪も引っこまなくなって歩くのも体を持ってあげないとヨタヨタで、
それで外に行きたいって言うので出してあげると
草むらの中に場所を探すんです。
何日かそんなことを繰り返してとうとうお空に行ってしまいました。

そんな最後の日々、膝の上に抱いてあげると
幸せそうに私の顔を見上げて寝ていました。

きっとエンちゃんもそんな時間をATUさんと過ごしに来てくれたんだと思います。
ATUさんの気持ち、ちゃんと伝わってたんですね。

ATUさん、記事アップされてから何日も経ってるし
悲しい気持ちを呼び戻してしまってすみません~。
あまり泣き過ぎないでくださいね。

2014/04/21 (Mon) 09:16 | EDIT | REPLY |   

ATUATU  

Napoliさんこんにちは。

Napoliさんのところにも報告しにいこうと思ったのですが
力がでなくて今になってしまってごめんなさい<m(__)m>

長い文章を読んでくれたのですね
下まで下がって見つけてくれてありがとうございました<m(__)m>

こんなにさみしいとはすぐに元気にはなれなくて
今まで居てくれたのが居なくなるのはつらいものですね
でもなるべく元気だしていこうと思ってるのです
思ってるのですが(*´▽`*)すぐに泣きべそになってます(*´▽`*)

Napoliさんも実家の猫ちゃん22歳でお空にいってしまったんですか
そうだったんですか
いつくになっても大往生でもさみしかったですね
爪ですがほんとにもう爪がひっこないのですよね
私もつらい姿を見ていました
触れない猫なので爪を切ってやることができずにほんとにかわいそうな姿でした

最後はそうかな
私のところにきてくれたんですね 
私もそう思ってるのですよ
だからよけいにさみしくて
今はコテチューとかみんなで虹の橋を渡って楽しく暮らしてるかなと
思っています
母猫は子供産むと同じ場所にいられないのですよね
子供にその場所を譲るのですが
エンちゃんも母親に私のところを譲ってもらったので
自分も子供を産んでしまうと子供たちにここを譲ってでていかないといけなくなってしまって
野生の世界は厳しいですね
オスの子供産んでしまうと一緒にはいられないから

でもご飯だけは私のところにずーと食べにきていたのですよ
私もごはんあげるのが日課になってました
今はそのこと考えるとさみしいな~って

Napoliさんも泣かせてしまってごめんなさいね<m(__)m>
春の楽しい日にこんなこと書いてしまってほんとにごめんなさい
エンちゃんががんばって生きたことを書いておきたかったの
Napoliさんどうもありがとうございました
日にちがかかるかもしれませんが
元気になりますのでまたお花談義よろしくおねがいします^^

2014/04/21 (Mon) 17:46 | EDIT | REPLY |   

Add your comment